園の紹介

基本理念と教育・保育目標

教育及び保育の理念

『善隣のこころ』

『善隣のこころ』

        教育及び保育は、子どもの最善の利益を考慮しつつ、その生活を保障し、保護

        者とともに園児を心身ともに健やかに育成することを目的とします。

教育及び保育の方針【三つのゼン】生きる力の基礎を育む

       ★安全・・・身を守る安全意識を育てる。

             子どもの思いを受け止めることで信頼感や自己肯定感を育む。

      ★自然・・・自然との出会いにより自然に親しみ、自然を大切にする心を育てる。

      積善・・・人に対する信頼感や思いやりの気持ちを育む。

            道徳性やや規範意識を身につける

教育及び保育の目標

      『心身ともに健やかな子ども』

     健康な心と体

       心も体も安定することにより、自らが健康で安全な生活を作りだす。

     自然との関わり・豊かな感性

       様々な自然との出会い・体験を通して自然を大切にする心・豊かな感性が育つ。

     ●道徳性・規範意識の芽生え

       葛藤・つまづきなどを経験することによりルールを理解したり、その必要性に気づいたりする中で人への思いやりの気持ちが育つ。


こども園の特色

  自然とふれあえる環境

   *驚きや発見、感動や喜びなど心動かされる経験がたくさん積める環境です。

   *感動から関心が芽生え、知性と感性が育ちます。

   *命あるものとの出会いがあります。

     ②少人数のこども園

   *園児一人一人の気持ちを受容し、共感しながら、園児との継続的な信頼関係を築いていきます。

   *園児一人一人が保育教諭等に受け止められながら安定感をもって過ごし、自分の気持ちを安心して表すことができます。

   *自然な異年齢交流をしています。

  ③地域性・人のぬくもり

   地域の人を巻き込み、教育・保育に参加していただいています。(地域の先生として活躍してくださっています。)

   *小学校、中学校との連携を心がけています。

   *町内会との連携を密にしています。(町内会の会議に参加し、情報共有しています。中海校下の中海こども園です。)

  ④環境教育

   0.1.2歳児対象に肌に優しいにリース布おむつ(リースおしぼり)を無料で提供しています。

      ・・・ゴミの減量化のもなり、濡れると気持ち悪いという不快感を感じ清潔になる心地良さを感じることができます。

   *0.1.2歳児対象にマイバッグを使用していただいています。(教材保育充実費に込みです)・・・ゴミの減量化となっています。 

   *リサイクラー・・・ゴミの減量化となり、たい肥として野菜やお花づくりに使用しています。  

   

こども園の概要

設置・経営主体

社会福祉法人 小松市大和善隣館

所在地

所在地

所在地 〒923-0824 石川県小松市軽海町ノ25-1
TEL (0761)46-6013

FAX (0761)46-6023
E-mail  nakaumi-public@daiwazenrinkan.com
URL

理事長

       福村 章

園長

        荒井 早苗

職員構成

園長・主幹保育教諭・保育教諭・看護師・栄養士・調理師・事務員・保育補助・バス運転手
学校内科医 東病院
学校歯科医 金子歯科
学校薬剤師 中森かいてき薬局

定員

定員 105名

対象児童

保育を必要としない満3歳以上のこども(以下「1号認定こども」という。)
保育を必要とする満3歳以上のこども(以下「2号認定こども」という。)
保育を必要とする満3歳未満のこども(以下「3号認定こども」という。)

開設年月日

平成30年4月1日

利用定員

認定区分 1号認定 2号認定 3号認定
0歳

8
1歳

11
2歳

20
3歳

1

1

2

20
4歳 21
5歳 21
小計 4 62 39
合計

105

教育・保育時間

開園時間は 7:00~19:00 です。(認定によって保育時間が異なります)

1号認定こども

開園日
月曜日 ~ 金曜日
開園時間
8時00分 ~ 16時00分
提供時間
(教育標準時間)
8時00分 ~ 13時00分
預かり保育
13時01分 ~ 16時00分

2号認定こども・3号認定こども<保育標準時間・保育短時間>

開園日 月曜日~土曜日
開園時間 7時00分~19時00分
提供時間 (保育標準時間) (早朝保育) 7時00分

7時59分
(保育短時間) 8時00分

16時00分

8時00分

18時00分


延長保育時間 18時01分~19時00分 16時01分~19時00分

一時預かり事業

家庭で保育している方で保護者が病気や冠婚葬祭、PTA活動や習い事のあるとき、また友達と育児リフレッシュしたいときなど必要な時間だけ一時的にお子様をお預かりするのが一時預かり保育です。
平日 8:00~17:00
料金は、中海校下の方は、1日2,000円。校下外は、1日5,000円となっています。詳細は、重要事項説明書をご覧ください。 

入園案内

入園の手続き

0歳児(産休明け)から就学前児童までのお子様をお預かりします。

施設型給付費支給認定申請書を提出し、認定を受けます。次に重要事項説明書の説明を受け、同意書と入園申込書を提出していただきます。

利用料

保護者の方の収入等に応じて小松市で定められています。

詳しくは当こども園か市役所「こども家庭課」にお尋ねください。

入園可能状況


●平成30年8月1日現在

・毎月末までに翌月の入園可能児童数を更新し公開します。 


 まだまだ入園できます。1歳児は定員まで来ていますが入園ご

 希望の方はご相談ください。 

・校下外、市外の方も入園を考えられている方、ご相談いただけ

 ればと思います。お待ちしています。 

・当法人では、豊かな教育・保育の実現のため毎年4月1日現在で認定区分定員が入園できるよう職員配置を行っています。各年齢ごとの入園可能児童数の詳細は、直接お問い合わせください。

・入園に当たっては行政(小松市等)の認定区分確認や当園との入園契約手続きが必要になります。

・産休明け、育児休業明けでの入園の際に各年齢の状況によっては入園できない場合があります。入園枠を確定するためにも、早めの入園申し込みをお勧めします。

認定区分

1号認定

2号認定

3号認定

入園可能児童数/定員

0歳



3

5/8

1歳



12

相談してください。 /11

2歳

1(満3歳児)


11

8/20

3歳

10


6/21

4歳

1

12


9/22

5歳

0

14


9/23

合計

36

26

36/105

園長ブログ

2018/8/6  麦口町の川で遊びました。

2018/8/4  もうすぐ起工式!

       

旧育松園の建物がもうすべてなくなりました。奥に桜の木が5本たっています。桜の木は残したいと思っていますがだいぶ古いようでそろそろ寿命だとか・・・園舎が建つとき2本ほど引っかかるとか・・・・結局、桜の木もどうなるのかはまだ未定です。建物がなくなってみると意外とそれ程敷地は広くないような気がします。園庭で運動会ができるのかなあ。ちょっと心配になってきていますが・・・

8月7日(火)10時よりこの場所で起工式が行われます。当日は暑さが予想されます。大丈夫でしょうか。とても心配です。無事に終わりますように。

町内からは連合町内会長さん、軽海町の町内会長さん、社会福祉協議会会長さん、小学校校長先生、中学校校長先生、中海駐在所さんそして中海こども園保護者会長さんが出席してくださいます。

設計には中島建築事務所の白松さんにいっぱいお世話になり、これからは吉光組さんにお世話になります。素敵な園舎をよろしくお願いします!!

2018/8/4  8月より未満児さんのご飯のお米が変わりました。

8月よりあか組さん(2歳児)ミニあか組さん(0・1歳児)の給食に出るご飯のお米が変わりました。地産地消で小松産のこしひかり『蛍米』を使っています。園長である私は毎日、検食をします。蛍米を食べたとき「もちもちとしておいしい!」と思いました。お米の白さもちょっと違うかな。

中海こども園の地域は米どころでもあり、おいしいお米がたくさんあるそうですね。ちなみに私は、ずっと昔ですが岩渕町の方が作ったお米を食べたことがあります。ほんとにおいしかったです。

先日、JA中海の支店長さんから軽海町の馬場さんという方が作られたお米が国際・都道府県コンクールで金賞をとられたというお話もお聞きしました。馬場さんのお米もぜひ味わってみたいものですが、蛍米は、『霊峰白山が育む、蛍飛び交う清流。昼夜の寒暖差が激しい山間地。限定された地域で収穫される蛍米は身が引き締まり、食味があるのが特徴』とのことで、中海こども園では蛍米を子どもたちに味わってもらおうと思いました。また、原町では里芋を作っていらっしゃる方がおいでるとか・・・・おいしい食材をどんどん取り入れていきたいと考えています。

新園舎では、ランチルームができます。ランチルームは、3.4.5歳児の子どもたちが毎日、一緒に食事を食べるという環境です。毎日の給食を楽しい雰囲気の中でおいしく食べることを大切にし、安心安全な旬の食材を手間暇かけて調理していけたらと思っています。


2018/7/29   中海校下納涼踊りに参加しました。

  28日(土)台風12号の心配で中海校下納涼踊りは大丈夫かなと心配しましたが無事に参加できました。民営化になって初めて町内の納涼踊りでした。私たち職員は恒例だということで浴衣姿で参加!でも、意外と保護者の方は洋服で参加の人が多く・・・職員ばかりが目立っていたような?!夜店まわりは、なかなかたくさんの人でにぎわっていました。子どもたちの楽しそうな姿にわたしもうれしくなりました。みんな楽しんでくれてよかったです。ちなみにお祭りの手紙を受け取っていないとの声がありました。配布したつもりだったのですが・・・・ご迷惑おかけしました。来年からは気を付けます!

和踊りの前のお神輿登場はいかがだったでしょうか。お神輿登場に音楽が鳴るはずではなかったのに突然ひよこ音頭が流れ大慌てで町内の人に伝えにいきました。子どもたちの「ワッショイ」の掛け声がが聞こえなくなります。しばらくで音楽が消え、大きな声でわっしょい!会場の皆様も一緒に「ワッショイ!」盛り上がりました。

そのあと和踊り開始!ひよこ音頭・ワッショイまつりっこ・大きなかぶ音頭・しまじろう音頭の4曲を踊りました。あお組さん、き組さんは張り切って踊っていました、もも組さんはお母さんから離れられないかなあと担任は心配していましたが、かわいくい踊っていました。あか組さん、ミニあか組さん、たんぽぽさんのお部屋のお友達は、おうちの人と楽しんでいました。よかった!

最後に、ひとつ・・・あの大勢の中での園長の挨拶は無理でした。本当は町内の方や保護者に日頃の感謝の気持ちを伝えたかったのですが我が子のビデオ撮りに夢中な様子だったし、町内の人たちもそのような雰囲気ではなかったので省略しました。また、別の機会にお伝えします。とにかく無事、中海こども園の夏祭りは終了しました。保護者の皆様、ありがとうございました。保護者会役員の皆様もお手伝いありがとうございました。中海校下の納涼祭り実行委員会の皆様お疲れさまでした。

2018/7/21   AED購入しました。

  中海こども園にAEDが設置されました。早速、職員はAEDの使用方法の説明を受けました。AEDが実際に使う日は来ない方がよいですが、備えあれば患いなしですから!

★旧育松園の解体工事もいよいよ大詰めになってきました。工期は8月10日となっていて、工事業者もちょっと急ピッチになってきているようです。

 起工式の日程も決まりました。8月7日(火)10時より行います。少しずつ新園舎への期待が膨らんいきます。お盆過ぎからいよいよ着工となる予定です。

 ピカピカの園舎にあった教育・保育に取り組んでいかなければならない!と身の引き締まる思いです。

2018/7/16 海の日 暑い日が続いています。

   連日暑い日が続き、中海こども園の子どもたちの休日は、きっとプールなどに出かけているんだろうなと思います。水にでも入っていないとどうにかなりそうな暑さですもの。子どもたちはプール遊びを満喫して、保護者の皆様はぐったりかな。明日からまた、元気に登園できますように!まだまだ暑い日が続くようです。プール遊びや水遊びをたっぷり楽しみたいと思います。そして、もうすぐ中海校下の納涼祭りです。町内のお祭りに参加するという形は、私たち善隣館職員にとっては初めての経験です。例年は30分間踊り続けるということですが、今年は少し、趣向を凝らしています。お楽しみに!

 先日(10.11日)2日間に渡り、中海中学校の3年生49名がこども園へ遊びにきました。授業の一環で小さい子との触れ合いを通して将来に役立てられるようにとのことだそうです。初日は24名、2日目は25名でした。一緒にプール遊びを楽しんだり、思いっきり足りまわってしっぽとりおにごっこをしたりと触れ合いました。また、中学生が工夫して作ったおもちゃで一緒に遊んでみたり、布おむつ交換を体験してみたりと。1時間ちょっとの時間でしたが中学生も中海こども園の子どもたちもとてもいきいきとしていました。初め、中学校から連絡があったとき、25名の中学生をどうやって受け入れたらよいのやらと不安でしたが・・・全くもって心配ご無用で、中海こども園の先生たちの教育・保育力、そして中学生のパワーにあっという間に過ぎた時間でした。中学生も中海こども園の子どもたちも一緒にもっと遊びたい!といった感じでした。中学生引率の先生「のぶりんせんせい」がとても楽しくて面白い先生でした。きっと生徒さんからも好かれているんだろうなあと思いました。中学生の皆さん、どうもありがとうございました。このような中学生との交流はとても良い経験でした。今度は7月末に、2年生が職場体験で3日間、園へやってきます。またまた楽しみに待っています。

2018/7/4 中海小学校へ!

  9日(月)中海小学校の畑で6年生と一緒にじゃがいも掘りを行います。なぜ、急に?と思いましたが、実は、JA中海さんの企画で毎年、JAの人が中海小学校の畑を借りて、ジャガイモを植え、6年生と中海こども園の年長児(あお組さん)に掘らせてもらえるというイベントだそうです。毎年、訳も分からず、ジャガイモほりに行っているそうです。 これではせっかくのじゃがいも掘りも意味ないなあと思い、年長担任に、「せめてじゃがいもばたけを見に行きませんか?」 と声をかけ、小学校へ連絡すると快く承諾して頂きました。バスに乗って中海小学校へ!2年生が校庭でなにやら砂遊びのようなことをしていました。砂の授業?!じっと見ている子どもたちの中で一人の子が兄弟を発見!また、知ってる子も!あお組さんは大喜びでした。しばらくすると6年生がどどーっと校庭に出てきました。6年生の担任の先生がちょうど休み時間なので 年長児に会いに来てくれました。最高ですね!思いがけぬミニミニ交流に園長大感激!子どもたちはポカーンとしている子もいる中、知っているお兄さん、お姉さんを見つけて名前を呼んでいました。6年生担任の先生が「月曜日にじゃがいも掘りをします。中海こども園の年長組さんと仲良くじゃがいもを掘ります。」とお話ししてくれました。みんな月曜日を楽しみにしています。その後、小学校の畑をぐるりと廻ってカボチャ、すいか、トマト、さつまいも、落花生、瓢箪などいろいろな野菜をみて、子どもたちは興味津々でした。その後、4年生がプールの授業をしていたのでフェンス越しに見せて頂き、園にもどりました。ほんのしばらくの時間でしたがとても有意義なひと時だったような気がします。

2018/6/29  もうすぐプール遊びが始まります。その前に職員みんなでお勉強!

   山根看護師より

「園内救急体制・事故発生時の対応について」 

  もしもの時の救急車の呼び方、体制の取り方などや、意識がないときはどうしたらよいのか。心肺蘇生法の仕方などみんなで勉強しあいました。

水深が少しでも溺れることがあること、看護師一人で心臓マッサージはできないので皆で覚えてもらい対応していかなければならない。

≪こんな記事が載っていました≫

水深約20センチのプールで新人保育教諭が子どもたちに背をむけてプールの端で浮き輪などを片付けていた。その時に先に上がった別のクラスの保育教諭がうつ伏せで浮いているT君(3歳)を見つけた。園は救急車を呼ばず、職員が近くの病院へT君を抱いて走った。すでに心肺停止状態。病院が救急車を呼び、ようやく救急病院に搬送された。園が救急車を呼ばず、胸骨圧迫などの救命措置を行わなかったことがT君の死亡につながったと指摘。(北陸中日新聞6/19より抜粋)

新聞記事は、もちろん職員に回覧しました。そして、みんなで安全の再確認をしました。7月2日(月)はプール開です。プール遊びでのお約束をしっかり子どもたちに伝え、楽しいプール遊びができるようにと願っています。      

2018/6/29  午前は、晴れ!念願のちゃっぷるへ!

  午前中は、晴れてくれてあお組・き組さんは、今年初めてのちゃっぷるへ行ってきました。公立の時は、ほとんど行くことがなかったそうで、初めて行った子どももいたそうです。夏のプール遊びが始まる前にとても楽しい経験ができ、よかったです。

  中海こども園のプールは、あお組さんが昨日、掃除をしてくれました。担任の先生が水をシューッとかけると「きゃー」「わー」と逃げ回りながらもゴシゴシたわしでこすって洗ってくれました。なかなかきれいになりました。

あお組さん、ありがとう! 7月2日(月)いよいよプール開きです。私(園長)がお塩とお酒をプールにまいて榊でお祓いをします。子どもたちが安全にプール遊びができますように!と願って。

2018/6/28  初めての水害避難訓練

  6月25日 今日は、大雨でかすかみ川の水位が上がり、危険なので中海中学校体育館へ避難することになりました。(避難訓練)大型バス、小型バス、公用車、園長車で避難しました。

    中海中学校体育館に到着!落ち着いてバスから降りて体育館へ!

       避難場所に座り、先生たちのお話をちゃんと聞いていました。中学校の先生のお話もちゃんと聞けました。

2018/6/28  モリアオガエル観察日記・・・・

  6月15日 あお組さんが桂町「かつらの池」へ行ってモリアオガエル の卵をとってきました。カマキリの卵のような形で、さわってみるとぷにょぷにょして湿っていました。 あお組さんは、「もりちゃん」と名前を付け、観察開始!  

    アップで見るとグロテスク!でも、不思議!黄色の粒がおたまじゃくしになるみたいで泡の塊がさがってきて泡と一緒におたまじゃくしが一匹ずつぽとんと水面に落ちていきました。       

何日かたつとおたまじゃくしに!さあ、今度はモリアオガエルに!でも、貴重なカエルなので早めにお池に返してあげるそうです。      

2018/6/23 大和こども園の運動会に行ってきました。

      小松市末広体育館にて大和こども園の運動会がありました。今日は、園長だけ見に行こうか、どうしようかと迷っていましたが総勢7名の中海の子どもたちを連れて小型バスに乗って見学してきました。ちなみに運転手は田中啓介先生でした。松井先生、出村先生そして園長の4人で行ってきました。会場に入った途端子どもたちは少し圧倒されたかのようでしたがそこは、普段のたくましさからか知らん顔して見ていました。大和こども園の子どもたちみんな頑張っていました。さすがですね。また、先生たちもものすごいスピードで 会場内を走っていました。お疲れ様でした。        運動会を見ているとき、若い男性が「荒井先生!」と声をかけてきました。見ると私が年長で担任していた男の子が今やパパとなり大和こども園へお子さんを預けているとのこと。久しぶりの再会に感激しました。ちゃんと覚えていてくれたことがすごくうれしかったです。中海の子どもたちもそんな日が来るのかなあ。(おばあちゃんになりすぎて無理かなあ。) ほんのしばらくの時間でしたが中海の子どもたちにも刺激になったかな?!と思っています。中海こども園の運動会にも他の4園のお友達が見に来てくれるといいですね。

2018/6/4 看護師による歯のお話

看護師による歯のお話

      中海こども園には、とても頼りになる看護師を配置しています。まだ、2か月ちょっとしかたっていませんが子どもたちも保護者も信頼してくださっている様子がよ~くわかります!職員や子どもたちに「山根せんせ~」と呼ばれるとすぐにそばへ行って対応しています。また、玄関でも保護者とお話しする機会を持ち、お母さんからの相談を受けています。ちなみに看護師ですが事務仕事も手早くて実は私もとても助かっています。さて、本題に入ります。

看護師による歯のお話

  今日は、かねてから計画していた歯の指導の日。0.1.2歳児のお部屋へは絵本を持っていき、読み聞かせ。4.5歳時には手作り紙芝居を読み聞かせ、虫歯にどうしてなるのか、ならないようにするにはどうしたらよいかなど子どもたちに考えてもらいました。歯の模型を使って歯を磨いての指導。あお組さん、大きな歯に興味津々。虫歯になったら大変だということも理解できたようでこれからは、歯磨き頑張ろうという気持ちになったのではと思います。       

看護師による歯のお話

      中海こども園には、とても頼りになる看護師を配置しています。まだ、2か月ちょっとしかたっていませんが子どもたちも保護者も信頼してくださっている様子がよ~くわかります!職員や子どもたちに「山根せんせ~」と呼ばれるとすぐにそばへ行って対応しています。また、玄関でも保護者とお話しする機会を持ち、お母さんからの相談を受けています。ちなみに看護師ですが事務仕事も手早くて実は私もとても助かっています。さて、本題に入ります。

看護師による歯のお話

  今日は、かねてから計画していた歯の指導の日。0.1.2歳児のお部屋へは絵本を持っていき、読み聞かせ。4.5歳時には手作り紙芝居を読み聞かせ、虫歯にどうしてなるのか、ならないようにするにはどうしたらよいかなど子どもたちに考えてもらいました。歯の模型を使って歯を磨いての指導。あお組さん、大きな歯に興味津々。虫歯になったら大変だということも理解できたようでこれからは、歯磨き頑張ろうという気持ちになったのではと思います。       

看護師による歯のお話
看護師による歯のお話

2018/6/3 月津こども園の運動会を見てきました。(昨年まで私が勤務していたこども園です)

      6月3日(日)小松ドームにて、8時50分、年長組(ひまわり組)がオープニングで和太鼓の演技がスタートです。大きくバチを振り上げての演技はとてもかっこよかったです。広いドームに鳴り

 響くリズムの曲にワクワクしながら見てきました。こんな早い時期の運動会は、担任の先生はさぞ大変だっただろうなと思います。久しぶりに元気な子どもたちの姿と保護者の皆様にお会いできてう

 れしかったです。月津こども園の子どもたち、先生たちお疲れさまでした。さて、中海こども園の運動会は10月6日(土)です。昨年、運動会を少し見せていただきました。年長組さんがかっこよく

 鼓隊をしていたことを覚えています。今年のあお組さんもきっと頑張ってくれるんだろうなと思いながら、中海こども園の運動会、楽しみにしています。

2018/6/2 旧育松園解体工事が始まります。

      6月1日(金)保護者の皆様にお知らせしました通り、朝からバリケードが張られました。私たち職員も駐車場が止められなくなり、朝からあたふた・・・何とか駐車場をお借りできてはいました

 が。土曜日には足場を組み、シートが張られていました。いよいよ始まるんだなと実感しました。本格的に解体作業に入ると、工事車両や、大きい音など危険も伴うこともあるのかもしれません。

 保護者の皆様には、お子様の送迎時に十分にお気をつけてください。また、近隣の皆様にもいろいろとご迷惑をおかけするかと思いますがどうぞご理解とご協力の程よろしくおお願いいたします。


2018/6/2 カブトの幼虫が::::::

カブトの幼虫が







き組さんのカブトの幼虫が何度、土をかぶせてもニョキニョキ出てきて・・・・

結局、こんな感じで・・・成長できるのか心配ですがとてもきれいなカブトに大歓声!

さわりたいけどき組さんは元気なカブトになってほしいので我慢しています。

元気なカブトりますように!

2018/5/30 納車式・バスのお祓い(中海町の滓上神社)

 納車式・バスのお祓い
 納車式・バスのお祓い
 納車式・バスのお祓い

    初めに中海こども園で、バスの納車式を行いました。保護者会長さんの谷川さんと会計の作元さんが参加してくださいました。ありがとうございました。朝は、雨が降って『えー!最悪!』って思っていたところやはり日頃のおこないが良いのか(私ではなく、中海のみんな!)神社へ行く頃は晴れていました。納車式では、大きなレプリカの鍵にみんなびっくり。芦城センター本部より広川事務局長が鍵を子どもたちに渡してくれました。広川さんより「バスに名前を付けてあげてください」とのコメントに「なるほど!」と思いました。さあ、バスの名前をみんなで考えましょうね。神社では、みんな神妙な顔をして本殿に座っていました。あのようなところに入る機会はなかなかないでしょうね。良い経験だったかな?!

 初めて中海こども園に来て、二つのかすかみ神社があることを知り・・・どちらも長い階段です。どちらもりっぱな神社に感動!です。本当に素敵なところですね。中海校下は!  

小型バスは、新しくピカピカです。大切にしなければ!みんなでお約束しました。   大型バスはだいぶ古くはなっているみたいですがまだまだ乗れます。乗ります。乗らなければならないみたいですね。ただいま、大型バスは大和カラーに色塗り中です。10日ほどかかるとのことでしばらく園外保育はお休みです。残念ですが・・・

2018/5/27 グリンポート小松かすかみ会ふれあい祭りの延期

グリンポート小松かすかみ会ふれあい祭りの延期
       

21日(月)、初めてあお組さんがグリンポートへ行きました。お祭りに出演するためには、

一度おじいちゃんやおばあちゃんとふれあってはと園長より提案しました。お祭りの1週間前で

はありましたが、子どもたちは、楽しみにして出かけていきました。

歌を歌ったり、肩たたきをしたり、一本橋こちょこちょをしたり・・・どの子も楽しそうでし

た。「もう帰るよ~」と伝えると「もう帰るんか~」という子どもたちでした。

そして、日曜日のお祭りを楽しみにしていた子どもたちでしたがグリンポートさんの都合で

お祭りは延期になり、秋頃になるとのことでした。

急な変更に子どもたちも職員も残念でしたが、これからもときどき、遊びに行き、おじいちゃん

おばあちゃんと触れ合っていきたいと思っています。

そして秋にはグリンポートのお祭りを楽しみにしています。

           

2018/5/25 痛ましい事故

私が住んでいる近所での痛ましい踏切での事故。どうしてそんなことが起こったのでしょう!中海には踏切はありませんが今一度、危険なことについてお子さまとお話してみてください。もう二度とこのような事故は起きてほしくないです!

2018/5/24 かきかた教室

かきかた教室
   とても素敵な「きた りつこ先生」がかきかた教室の先生です。山形出身でとても穏やかな先生です。昨年から取り入れているとのことでどんな風にするのかなと興味津々の私でした。先生ご自身の自己紹介から始まり、子どもたちも自分の名前を言うといった感じでスタート!初め子どもたちは、やや緊張気味でしたが次第にいつもの調子になり・・・    

       

かきかた教室

まずは、座る姿勢を教えてもらい、次は鉛筆の持ち方!「これが素晴らしい!我が子にもこんな風に教えていたら!担任していた年長児さんに教えていたら!」と後悔するくらい教え方がスムーズでわかりやすかったです。この日は、自分の名前をもう書いていました。おうちの人から「いつもよりきれいに書いていてビックリでした。」とのコメントをいただきました。毎月1回かきかた教室があります。楽しく、良い姿勢、正しい鉛筆の持ち方で自分の名前が書けるようになるといいですね。     

2018/5/21 畑の先生

畑の先生

 5月21日(月)サツマイモの苗植えをしました。昨年の数と同じく170本購入しましたがどうやってこんなにたくさん植えるんだろうと心配しながら・・・園舎の後ろの畑にも植えて・・・何とか終了!暑い日でしたが子どもたち頑張りました。       

畑の先生

 特にあお組さんにはたくさんお手伝いしてもらいました。もみがらをまいたり、水をまいてくれたり・・・大好きな畑の先生「山下さん」に教えてもらいながら頑張りました。

ちなみにサツマイモの品種は、きんとき芋紅はるかです。たくさん収穫できるといいな!

畑の先生

  畑の先生:近所に住んでいらっしゃる木藤さんと山下さん」です。とても手馴れていてスナップエンドウの棚をさささっと作ってくださいました。ちなみに私は横でいろいろと質問攻めで教えてもらっています。お世話になります!本当にありがとうございます。感謝です。   

2018/5/18 食育の日

      食育の日として、3歳児クラス(もも組)は、今が旬のそら豆のさやむきに挑戦しました。ふわふわの綿の感触も楽しみ、豆をそっと取り出していました。

  そして、4,5歳児(あお・き組)のお友達は、き組の高野眞青くんのおじいちゃん(高林義明さん)よりお茶摘み体験をさせていただきました。

食育の日

 初めにおじいちゃんにお茶の葉の摘み方を教えていただきました。「上のほうの柔らかいはっぱをとるんやぞ!」と。子どもたちは、一生懸命摘みました。

食育の日

 「おじいちゃん、これか~!」「あっ、虫おった」などなど楽しみながら摘んでいました。       

食育の日

摘んだお茶の葉を園に戻り、ナイロン袋に入れて、電子レンジで3分間、チン(蒸しました) その後袋から出して、軍手をはめて揉みました。揉んだ葉は、1週間ほど干して、フライパンで煎って できあがり!みんなでいただきます。

おじいちゃんは、子どもたちのためにヤクルトを用意してくださっていて茶摘みのあと、みんなでいただきました。暑い日だったので子どもたちは大喜びでした。ほんとに何から何までおじいちゃんにはお世話になり、感謝です。園長の私もお茶摘み初体験でした。 本当に中海校下の方って素敵な方ばかりです。ありがとうございました。     

2018/5/16 待ちに待った親子遠足

    今日は、待ちに待った親子遠足。晴天!日頃の行いがよいのでしょうね。大型バスに乗ってエンゼルランドへ出発。バスの中では、?バスに乗ってゆられてる ゴーゴー!?と元気に皆で歌ったり、〇×ゲームをしたりしてあっという間にエンゼルランドへ到着。

エンゼルランドではまず、親子でウォークラリーを楽しみました。

*ビオトープ・・・水の中の生き物を探そう。

*館内・・・首が長くて赤くて大きい遊具は何かな?

*展望台・・・一番高い場所まで登ってみよう。

   暑い中、頑張って親子でウォークラリーを楽しんでいました。

お弁当タイムは、お母さん同士がコミュニケーションをとっているところに子どもたちもお友達と仲良く楽しく食べていました。お母さん、朝早くからお弁当作りお疲れさまでした。

親子遠足無事終了!保護者の皆様にはアンケートの記入をお願いします。



      

2018/5/7 ゴールデンウィークが終わり・・・

     楽しかった お休みも終わり、今日から元気に登園! 久しぶりの友達との再会に○〇ちゃんおはよう!と玄関で待っている年長児の姿や「○〇ちゃんと会ってんよ。」とお休み中に友達と会ったことをうれしそうに話してくれる年中組さん。ママから離れるのが嫌で大きな声で鳴いて訴える年少さんや2歳児さん。(当然ですよね。久々の園ですもの。)ちょっと、4月当初の頃に戻ったかのような朝の風景でした。

 おばあちゃんと登園してきた2歳児のお友だち。大きな声で泣いて拒否!私も抱っこしようと試みましたが今日は、いつもと様子が違い激しく泣かれ(やっぱり休み明けだから・・・・)保育室へ「一緒にどうぞ!」と勧めました。ところが、おばあちゃんと2歳児さんは抱っこのまま玄関へ戻ってきました。「おばあちゃんどうしましたか~」と尋ねると「Kくんを待っとるわ~」とのこと。2歳児さんの大好きなKくんがくれば大丈夫とのことで玄関で待つことにしたおばあちゃんと2歳児さん。(こんなに泣いているのだからKくんが来ても一緒なのでは?と思った私ですが・・・)待つこと1時間あまり・・・おばあちゃんもなかなか大変そうでした。Kくんが「おはよう~!」と手を振りながら走って登園してきた姿に2歳児さんはにこにこ笑顔。おばあちゃんもホッとしたお顔。「Kくんと一緒に行こう。」と玄関へ連れていくと2歳児さんはさっきまであんなに泣いていたのに何もなかったかのようにKくんに手を引かれ保育室へ!1時間あまりのおばあちゃんとのと関わり、さらに大好きなお兄ちゃんとの関わりに感動した一瞬でした。「ほんとにかわいくて!とのおばあちゃんの言葉にそんなおばあちゃんがいてくださるからパパ、ママは安心して働くことができるのだろうなととてもあたたかな気持ちになった一場面でした。   

2018/4/7 お迎えの会

 またもやドキドキのお迎えの会。皆さんの前での園長としての初挨拶です。とても緊張して、何をお話ししたのかわかりませんでした。

中海の保護者の方はとても暖かく私たち善隣館職員を受け入れてくださっているようで、私の話も一生懸命聞いてくださっていました。ありがとうございます。つたない挨拶を聞いてくださって!

子どもたちは、とても元気よく返事もできました。歌も手話も上手でした。

最後に、職員による寸劇「おおきなかぶ」は最高でした。会って数日しかたっていなかったですが先生方の意気ぴったりの劇でした。

これから1年が楽しみです。子どもたちに楽しいことたくさん経験させてあげたいですね。

保護者会長様をはじめ、役員の皆様もどうぞよろしくお願いします。   

2018/4/6 中海小学校入学式

       園長先生は、必ず入学式に参加します。前所長先生なら一年生にとってもうれしかっただろうと思いますが、新しい知らない人でごめんなさい。

   来年は、入学式への参加が楽しみです。

2018/4/2 民営化初日

     ドキドキの初日・・・

  玄関で元気に笑顔で「おはようございます!」 ・・・保護者の方も笑顔で「おはようございます!」   子どもたちはあいさつしてくれる子もいれば不思議そうに私の顔を見る子もいます。

  とにかく、なんだかんだの初日を迎え、あっという間に1日が終わりました。

  一日も早く、子どもたちの名前、そして保護者の方を覚えなければ!

  しばらくは、「お名前教えてください!」とお聞きします。同じ人に何度も聞くこともあるかもしれません。どうぞ!お許しください。

  ちなみに電話工事が入りました。午後からやっとつながりました。保護者の方にはご迷惑をおかけしました。

    新電話番号 46-6013 です。携帯番号は、080-5859-5625

2018/4/2 よろしくお願いします。

     いよいよ中海こども園のスタートです。初めての園長!私自身もドキドキです。
一日も早く中海こども園の園長として認めてもらえるよう頑張っていきたいと思います。まずは少し、私自身の自己紹介から・・・

  • 名前:荒井 早苗
  • 年齢:ご想像にお任せします。
  • 家族構成:夫、母、長男、長男嫁、孫(1歳半)
         外孫も3名おります。
  • 趣味:TV,映画が大好き。特にサスペンスもの
アットホームな中海こども園となるよう職員一同頑張って行きます。どうぞよろしくお願いします。
今後、園長ブログはまめに更新していきたいと思っております。また、覗いてくださいね。